読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイトを探しています

こんにちは。id:minemuracoffeeです。職業はWebサービスのディレクターで、勤務先での立場は管理監督者です。

何を言っているんだというタイトルですが、さっきまでバイトを探していました。雇うアルバイト要員を探していたというわけではなくて、僕がアルバイトをする先を探していました。

ことは今日のお昼のこと、会社でランチどきに会話をしていて、GWの話題に。

今年のGWは5月の1,2日を有給にしてしまえば、9連休(!)が実現できる設計になっていて、社内でもそうしている人が多いよう。

僕はというと、特に休んでやることもなし。予定は今週末の釣りぐらい。むしろ後半の5連休だってどう過ごしていいかわからない。そういうスタンスだったので、何したらいいですかねという話をしていたのですが、そこで革新的なアイデアがでてきて、曰く「バイトしたらいいんじゃないか」と。

ついこの間、匿名ダイアリーでおっさんが休日のレクリエーションにバイトを楽しむ日記があった。

anond.hatelabo.jp

趣味を見つけるのも良いのだが、趣味というのもなかなかに金がかかる。

おじさんも不惑と言われる年代になり、会社の一員である人生も折り返す時期だし。

副業で小規模な開発でもやろうかとも考えたが、会社役員という立場上、関連する業種での副業は何かとヤバイらしいよ。いやマジで。法律的に。

ならば全く異業種で働くのも楽しそうだなといろいろ探していたら、近所のスーパーのフードコートでバイト募集してた。

おじさんで副業でも大丈夫らしいので、何も考えずに勢いだけで応募したら受かった。マジかよ。

行ってみたら、調理のお爺さん以外は全員女性という賑やかなバイト先だった。

熟女、人妻、女子大生!!!マジかよ。

自分の指導役についた子もそんな女子大生のバイトの子だった。

若さゆえの勢いで、根掘り葉掘り聞かれた。

なんでバイトなの?奥さんは?子供は?平日はどんな仕事?え、それ殆ど趣味じゃん!うける!趣味でバイトヤバい!!すげー普通にいい人じゃん!その年でバイトとか絶対あぶない人だと思った!

なんか、とても新鮮だった。

読み返すと「調理のお爺さん以外は全員女性」というところが圧倒的なパワーワードであることに気づいてしまったんだが、とにかくこの日記がよかった。

昔から働くのは好きなわけだし、遊びでバイトをやるというのは相当面白そうだ。

そういう話をしたものだから、えいやっと言う気分で、仕事を終えて、何杯かビールを飲んで帰ってきて、いまバイトの求人を探している。

結構苦労していて探し方がわからない。ググってもなんだか内容不明なものしか出てこないし(それが普通なのか?)、GW限定の短期バイトを探すにはどうにも時間がなさすぎる感じがする。

なにせ5/3-7の間で1-3日やれたらいいなと思っているんだけど、会社に副業申請*1とかしないといけないわけで、GWのみんな休んでいる日に許諾をとりつけるのはなかなか厳しい。そこに加えて、面接とか言われるとやってられない。正直言って舐めていた。僕はそもそも1日そこらの短期バイトに面接があるとは思っていなかったのだ。

そういう感じで未体験ゾーンに突入していて既に楽しくなってきた。

オススメの探し方とかありましたら教えてください。

*1:基本はエンジニアの執筆系のためのものだと思っている

言ったか言わないか

仕事をしていると言った/言わないを避けるとか、そういうどうでもいいことがあるわけだけど、そういう話ではない。最近どうにも言ったようなきがするけど確かめてみると言ってなかったことが多い。

誰かに何かを質問したりお願いした気がしていて、5分後ぐらいに「あれ?お返事もらってないな?」って思う。しかし、slackのログを見ると、そもそもそんな質問やお願いは存在していない。

そういうことが最近よくある。こういうのが慢性的に続くと妄想っぽくて危ないなと思うが、言ったことを忘れてしまうよりはいくらかはマシだろう。

そう思っていた金曜日、仕事終わりに同僚たちと飲み、駅まで帰って別の飲み会2次会に合流したところ。みんなの飲み物が運ばれてきたので、ぼくはハイボールを頼んだ。

しばらくすると、僕の前には生ビールとハイボールが並んでいた。

合流したら間違えてビールとハイボール頼んでた

どうやら生ビールは席につくなり頼んでいて、僕はそのことを忘れてハイボールを追加で頼んでいた。店員や周囲は怪訝な顔をしていたらしい。

コメディドラマは30分以内がいい

モーツァルト・イン・ザ・ジャングルを見始めた。

交響楽団の裏側、芸術と金、クラッシックとラテンノリ。いいコメディだ。なぜ今まで見なかったのか。

アマゾンオリジナルのコメディシリーズは、フリーバッグもそうだったけど、1話30分でとどまるコンパクトさがまたいい。

www.pixiv.net

先日話題になっていた、ポンポさんでも現代人に2時間映画は長すぎる、90分以内がいいという話があったが、ドラマでもコレが言えるのだろう。

30分というのはいい区切りだ。仕事から帰って、飯の支度をしてから再生を開始。一人で黙々と食うだけなので、10分位で食べてしまう。再生を中断してコーヒーを淹れる。またコーヒーを飲みながら、残りの時間を過ごす。15分ぐらいで十分だ。コメディならなおのことそうだ。

アマゾン制作のドラマは時間の制約から自由でいい。

Spreadsheetsで条件付き中央値(medianifs的なものを標準関数で計算する)

KPIの監視とかでアクセス数とかシェア数とか、多くは低く滞留していて上は指数的に伸びるものをウォッチする時、Sumifsでも、averageifsでも上の伸び方に引っ張られて実態が見づらい。

中央値を見ていきたいんだけど、残念ながらmedianifsという関数はGoogle Spreadsheetsにはない。

自作関数使うと他で使う時面倒なので、調べた。

日本語は雰囲気調べにくくて、spreadsheet medianifみたいな感じでググると幾つか出てくる。

一番素直そうなのはコレ。

https://productforums.google.com/forum/#!topic/docs/nqduvIFvlF0

=ifError(median(filter(B1:B10,A1:A10="BUY")),0)

ただし問題があって、B1:B10の中に、欠損値が交じると、エラーになってしまう。 なので、欠損値である場合をfilterの条件に加える。

=ifError(median(filter(B1:B10,isnumber(B1:B10),A1:A10="BUY")),0)

これで欠損値を無視して中央値を求められる。 あと、iferrorはエラーケースをちゃんと把握したいし、欠損値を除けばない前提なので外しておく。 (公開後、行数指定記述がキモくなったので削った B1:B10⇒B:B)

=median(filter(B:B,isnumber(B:B),A:A="BUY"))

仕事で使える!Googleスプレッドシート Chromebookビジネス活用術 (仕事で使える!シリーズ(NextPublishing))

仕事で使える!Googleスプレッドシート Chromebookビジネス活用術 (仕事で使える!シリーズ(NextPublishing))

同僚に倣ってKPTにbotをつかってみた

daiksy.hatenablog.jp

KPTのやりかた、リモートでうまくやるのどうしたものかなと悩んでいたのだけど、同僚がやっているbotを使う方法を教えてもらって、よさそうなので倣ってみた。

f:id:minemuracoffee:20170418220140p:plain

で、これについては今日やってみたであって、チームにフィットするかとかまったくまだわからないし、別にKPTなんぞやという話もしない。今日ブログを書きたくなった理由はそこではない。

やってみて、なんだかbotがslackデフォルトアイコンだし、メッセージの「OK」もそっけないなと思って、どうしようかねという話をチームでしたところ、下記のようになった。

f:id:minemuracoffee:20170418220514p:plain

真面目な話、botには個性があったほうがいいとは思っていて、そっけないやつよりも個性のあるやつが反応してくれるほうが、なんとなく積極的にKPT挙げていこうかなと言う感じになると思っている。深刻げなP(Problem)であっても、雰囲気をなごませてくれると思う。なにも後悔はない。

ただ、このセッティングをした後に、変なことを考えてしまった。仕事でピーマン型のチャットボットに「OKだピー」とか喋らせている、ということを家族が知ったらどう思うんだろうか、と。いやどう思われてもそれによってこのbotに手を加えるつもりはないのだけれども、ただ純粋な気持ちでどう思うのだろうかということが気になった。

そういうわけで、ミネムラ家の皆様がこの記事をうっかり見られた際には、ぜひ初見の素直な感想をLINEかなにかでいただければと思います。転記して問題ないようであれば、下記の表に書いておこうと思っておりますので、そのつもりでお願いします。積極的には聞きたくないので、たまたま見てしまったらこっそり教えてください。

続柄 感想

また、ミネムラ家以外の、ご家族にWEBサービス運営企業にお勤めの方がいらっしゃる方も、ぜひこの件について会話を家族の絆が深まって良いのではないかと思います。*1

特にオススメしたいのは、あなたが義父の立場の時、つまり娘さんの夫がWEBサービス企業にお勤めの場合です。盆正月とか、もしくは近く控えているGWとか、お顔を合わせる機会がありましたら、ぜひとも試みていただきたい。ピーマンは該当しなくても、類することの心当たりの1つや2つはきっとあるはずです。

雰囲気としては下記のような会話になるのではないかと想定しています。(仮にWEBサービス企業に務める増田さん*2とその義父の会話とします)

義父:増田くん、最近仕事はどうだね?

増田:はい、順調にやってます。

義父:最近は仕事にチャットを使うのが多いらしいね。増田くんのところも、若い会社だからそんな感じなのかい?

増田:そうですね。社内のコミュニケーションはチャットが基本で、最近だとお客さんとの連絡も一部はチャットにしてますよ

義父:へー、お客さんとも!私の世代なんかメールに慣れるのでも大変だったのに、今度はチャットが当たり前になるのか、こいつは大変だ。

増田:いやいや、慣れればメールより捗りますよ。形式っぽい挨拶もなくて、サクサク会話できますからね。

義父:なるほどなるほど。最近はあれだろ、ボット?とかいうのを使ったりもするんだろ?

増田:お父さん、詳しいじゃないですかー。僕もbotはチーム運営で使ってますよ。

義父:しかしロボットだろ?堅苦しくならないのかい?

増田:あー、そこは気をつけてますね。絵文字使ったり、語尾を軽くしたり。

義父:アレかね。キミは仕事中にピーマンのナリをしたチャットロボットに「OKピー」とか喋らせているのかね。

増田:え、いやまぁちょっとぐらいふざけた感じにすることはなくはないですけど。

義父:やっているのかね、ピーマンのナリをしたチャットロボットに「OKピー」とか喋らせているのかね。

増田:その、ピーマンっていうのは・・・。

義父:やっているのかね、と聞いているんだ!私の娘の夫はそんな仕事をしているのか!どうなんだ!!

途中から不穏な空気を醸したりすると、たまらなくファニーな会話になると思います。

私事ですが、本日誕生日で29歳になりました。

http://amzn.asia/2dWfPsq

Slack入門 [ChatOpsによるチーム開発の効率化]

Slack入門 [ChatOpsによるチーム開発の効率化]

*1:溝が深まった場合には責任はもてません

*2:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%FD%C5%C4?kid=190372

2位じゃダメなんでしょうか?

僕は2位でもいいと思うな。

f:id:minemuracoffee:20170412002946p:plain

www.minemura-coffee.com

2月5日時点では7,8位ぐらいだったと記憶している。

え…3位…?

それが3月5日時点で3位になっているのが確認されていた。

つい先日飲みの席でその話題が出たので、検索してみせたら2位になっていて沈黙したんだけど、昨日不安になってもう一度調べると、このような状態だった。

昨日は事実を受け止めきれなかったのでキャプチャだけ取って寝たんだけど、今日もう一度調べると変わらない現実があった。

そういうわけでこちらが本日付けで「離婚しました ブログ」のGoogle検索結果1位のブログです。

ちなみに流入数は釣果みたいな数字です。

休肝

月曜日、火曜日と、禁酒に成功している。さらに明日は禁酒の成功が約束されている。木曜日には健康診断を受けなければならないから。

そして昨日も一昨日もそこそこの熱意を持って(この日記みたいなのとは違って)ブログをかけている。

昨日はコンテンツ力が高まった結果、よいかんじでつくりおきが出来たし、さっきは真面目な本の感想がかけた。つまりこれは酒を飲まなければブログがかけるということなのかもしれない。検証したいかというとしたくないけれど。

tsukurioki.hatenablog.com

www.minemura-coffee.com