読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年投資計画

珈琲

先日のアンケート結果以来、来年の投資計画を考えている。

今の設備では、1回で最大7杯しか供給できない。自分も飲むから実質6杯だ。

飲む人も増えてきたし、量を増やして欲しいというニーズもあるので、一回あたりの生産量を増やしておきたい。

ただし、ボトルネックが多い。

サーバー

¥ 1,856

コーヒーサーバーというのは常々、詐欺的に高いと思っている。そのくせ壊れやすい。

お茶用のポットあたりの、代用品を検討してからでもいいだろう。

もしくはサーバー2台体制という手もある。

ポット

¥ 5,759

これは微妙なところだ。使っているポットは1.3L型。

10人分ぐらいまではなんとかなるだろうが、それ以上はどうにもならない。

代用品もない。

ドリッパー

¥ 200

安いんだけど、樹脂製というのが気に食わない。コーヒー抽出というのは一種のパフォーマンスでもあるし、安物使いをしているふうにはあまり見られたくない。

電動ミル

¥ 15,344

これが一番の問題。

いま使っているミルは容量的にも7杯が限度。サーバー2台体制(なんかWEBサービスみたいだな・・・)にしたとしても、ここがボトルネックになってしまう。

2回挽けばいい気もするが、排紛口の微粉詰まりもひどく、一度挽いたら、詰まりを取る掃除をしないといけない。経験上、こういうめんどくさい要素があると、やる気がおきなくなる。

そもそももう5年ほど使っていて、耐用年数の限界だ。

そろそろ買い替えどきなのはわかっているが、なにぶん高い。ここ最近の売上状況でも、2~3ヶ月分の利益がとんでしまう。

 

とりあえず、いきなり大型投資をするのは難しそうだ。

サーバー2台体制で、供給を増やしても売上がついてくるかを様子見しつつ、必要なものから買っていくのが、現実的なライン。

ミルなどの耐用年数と定期的な買い替えのことを考えると、売上と豆代しかみていない利益計算を改めて、PL/BSで見るようにしていかないといけない。

長期計画を立てよう。