なぜか何度も読んでしまう増田

おまえらはおれがつくった

タイトル含めてたった26文字のこの文章が、なにか心に染み入るものがあって、朝から何度か読み返している。