読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/5/22

信じられないことに、もう3週間自宅にネットがつながっていないまま生活をしている。

以前は家に帰った瞬間、Huluでなにかドラマを流し始めるのが日常だった。これがないのがつらい。テレビはあるのだけれども、数年来テレビのない生活をしてきたせいで、テレビとの向き合い方がわからなくなってしまっている(男子校で6年暮らした人間を想像してほしい。それも女兄弟がいなくて、本格的に6年間女性としゃべらなかったような人間を)。とりあえず電源をいれてはみるのだが、番組表を眺めて、30秒ほど沈黙して電源を切る行為を毎日繰り返している。とりあえずつけっぱなしにすればいいのだというアドバイスをもらうのだけれども、なんだか落ち着かなくて1分以内に消してしまう(先ほどの男子高生が大学に入り、女性の前で「普通に振る舞えばいいんだ」と言われた時を想像してほしい。彼にはその「普通」がわからないのだ)。そういうわけだから、今の自宅のテレビは黒い置物と化している。参考までに言っておくが、この男子高生は架空の存在だ。

そういうわけで自宅近くのマクドにはwi-fiを拾うために通い詰めていてる。

そして昨日大変なことに気付いた。マクドにいる間に、amazonプライムビデオで動画をダウンロードしておけば、ドラマやら映画やらが見れるのだ。昨日は久々にゾンビランドを見て、満たされた。

自宅のネットは来週にはつながる予定だ。そうなれば、テレビをノートPCにつなげて、大画面でドラマを見ながら飯を食ってやろうと思っている。