東京ヴァンパイアホテルはヴァイオレンス補給に最適

2,3週間に1回ぐらい、ヴァイオレンス成分が足りないなって気分になる。そういうときはバッドボーイズみたいな下品な暴力方面にいくときもあるし、エイリアン/プレデターみたいなSFも悪くない。しかし一番いいのはブレイドで、クラブシーンの血のシャワー、ウェズリー・スナイプスが切り刻み続けるヴァンパイア。とにかくサイコーだ。*1

そういうことがあるんだけど、Amazoプライムで見はじめた東京ヴァンパイアホテル、これは良いヴァイオレンスサプリメント

とにかく血まみれ、人間は死体の山、ヴァンパイアも血だらけだけど、撃たれても再生してる。

日活の制作で監督は園子温。オープニングの説明くさいところとか、ヨーロッパ地下の描写はイケてないんだけど、1話の後半からグイグイくる。

エンドロールの真っ赤なトーンも最高。

*1:ゾンビものは個人的にはちょっと別ジャンルで、ゾンビはゾンビだ。