激混み南芦屋でアジ、タチウオ釣行

3連休です。初日は釣りに行きました。お昼に出発にして2時半ぐらいに芦屋で釣行開始。

f:id:minemuracoffee:20171104095141j:plain

ザ・行楽シーズン。ずらりとファミリー、釣り人がひしめき合って、後方ではちらほら空きを待つ人。3連休の南芦屋を舐めていた。どうしようか、場所を移動しようかと話していたら、近くの方がもうすぐ出るので良かったら後ろで待っててくださいと声をかけてくれた。優しい世界。

ちなみに待つ間に同僚のFGノット結びを指導していた。練習の成果と言っていい。

www.minemura-coffee.com

今日のターゲットはタチウオオンリー、というのが当日出かける1時間前までの心づもりだったんだけど、釣果情報を見るとなんだか型のいいマアジが釣れてるらしい。「まだアジ釣れるの!?」と思うと、今年最後のアジで今日を逃すと今シーズンはもうないという気分になったので、アジ用のサビキ装備も急遽追加した。

f:id:minemuracoffee:20171104100305j:plain

結果、アジは6匹。どれも15-18cmぐらいの満足感のあるサイズ。タチウオの合間、周囲で釣果が観測されたらセットしておいたサビキ用仕掛けをすぐに下ろすスタイルでやっていたので、効率良い感じ。やはり回遊魚は時合いを掴まなければいけない。

f:id:minemuracoffee:20171104100819j:plain

タチウオ1匹。サイズはギョーカイでは指3.5本というところ。しかしかなり身に太さがあった。19時過ぎに隣で諦めかけていた同僚が「なんだなんだ!?」と唐突に1匹釣り上げた。この時合い逃すべからずと投げてタナを探るとタチウオの気配を感じる。

2,3投目でグッと重たい引っ掛かりを得てフッキング。タチウオは身にひっかかると重くてぬるい感じで釣り上がるようだけど、ばっちり口にかかっていたのでぐいぐい泳いで糸をひかれる。ドラグが出ていくか寄せられて入るので気にせず閉めずにこちらもグイグイ巻いていく。沖の方でかかったので結構長い時間楽しむことができた。

ワインドはJACKALL、ビッグバッカー。ちなみに上の写真のとおりだけど、タチウオがバッチリ尻尾部分に噛み付いていて、その後この尻尾部分はちぎれて紛失した。

8時頃終了、個人的には良型アジ6匹とどっしりしたタチウオ1匹を自分のタックルで釣ることができ大満足だった。

今年一のドヤ顔です

家に帰って主にアジは塩焼き、タチウオは刺し身に。ちなみに僕が釣ったタチウオは子持ちで、卵巣も美味しくいただきました。最終的に骨まで美味しく頂いたのですが、この様子は後ほど#つくりおきに書きます。

書きました。

tsukurioki.hatenablog.com