沖縄県古宇利島のビーチでタマンを釣りました

GW、沖縄旅行の最中に古宇利島のビーチ、トケイ浜で釣りをしました。

f:id:minemuracoffee:20180507212751j:plain

釣りの手法としてはいわゆるウェーディング。水着を着て腰まで海につかりながらキャストをする。GWの沖縄の海はあたたかくて、海水浴をしている観光客もいます。

トケイ浜はいくつかのエリアがありますが、朝7時のこの場所はほぼ貸し切り状態で気兼ねなく釣りができました。

タックルのことは正直深くは考えていなくて、メバリングタックルとシーバスタックルでミノーを投げてなにか釣れればいいだろう。具体的にはミーバイとか、と思っていました。

で、メバリングタックルを準備して、一緒に沖縄にきていた彼女に投げ方を教え、シーバスロッドを準備していると、さっそく彼女のロッドになにかかかったとのこと。

近寄ってみるとドラグが出ていて根掛りではなくたしかに魚のよう。釣りははじめてなので、ロッドを立てながらリールを巻いてと教えていく。しかしそれにしてもドラグがすごい勢いで出続けている。ミーバイってこんなに引くの?それともメッキかな?勢いあるファイトをするらしいし。

キャストはせいぜい20,30メートルで、水深もさほどないはずなのだが一向に寄せられない。疲れた彼女からロッドを受け取って巻き始める。

f:id:minemuracoffee:20180507220247j:plain

糸もフロロカーボン3ポンドなので完全に力負けしている。しかし経験上ここでドラグを締めるとプッツリいく。持久戦で頑張ることにした。

ビーチなので堤防と違って背後の奥行きが使える。こちらの立ち位置を後ろにゆっくり下げていく。自分が後退した分寄せれているはず、たぶん。

あとは波を意識した。満潮時でそこそこ強い波があって、引いたタイミングでは膝下の水位が腰までくる。結構な大きさの石が波で転がってきたりする(当たると痛い)。魚も当然この波で動かされるので、波が寄ってきたタイミングで一気にリールを巻く。波が引くタイミングはぐっと耐える。

だんだん魚影が見えてきた。とにかく水面に浮かせて弱らせるよう心掛ける。しかしでかい。

f:id:minemuracoffee:20180507221933j:plain

足元までなんとか来た。しかし問題があってフィッシュキャッチャーもたも網を持っていない。目の前に来て思うけど、やはりでかい、口に親指突っ込んで持ち上げられるものかはためらわれる。

f:id:minemuracoffee:20180507222359j:plain

カッコ悪いけど手で波の届かないところまで押し出していく。

f:id:minemuracoffee:20180507222742j:plain

波は届かないが、魚は飛び跳ねているし、砂利が滑るので安心はできない。

f:id:minemuracoffee:20180507222954j:plain

針は下唇にフロント、リアフックが上下からかかっていた。これのおかげで長いファイトだったが外れなかったのかもしれない。しかしかえって外すのには手間取った。

f:id:minemuracoffee:20180507223641j:plain

地元のおっちゃんに聞いたら、これは地元でいうところのタマン。いわゆるハマフエフキ。メジャーも持っていなかったので大きさははかっていないが、だいたい60センチぐらい。

f:id:minemuracoffee:20180507223936j:plain

これは勝利のポーズ。いい感じの写真の撮り方の指導を受けました。背景に海があって完璧。釣り場でのドヤ顔には最近定評があります。実際にはつり上げはしたけど掛けたのは自分じゃないとは思えない感じになってます。

f:id:minemuracoffee:20180507225605j:plain

その場で近くの海の家的なスペースのおっちゃんに捌いてもらう。

f:id:minemuracoffee:20180507225749j:plain

肉厚の刺身が積み重なっている様子。あとで寿司屋で聞いたところ、タマンは沖縄では高級魚で、三大高級魚だと入ったり入らなかったりだが、四大高級魚だと手堅いらしくうまかった。

f:id:minemuracoffee:20180507230058j:plain

頭はバター焼きにしてもらった。目玉のうまいこと。沖縄では宴の席ではこういう料理は最後、出したらだれも刺身を食わなくなるからと。

f:id:minemuracoffee:20180507230430j:plain

噂を聞きつけて集まってくる地元のおじさんたち。

f:id:minemuracoffee:20180507230723j:plain

ビールを飲んでいると潮が引いてくる。そういえば以前に釣り番組で砂浜では干潮時に地形を見極めることができるのだと見た。あの岩をかすられたら糸が切れるな、とかそういうことがわかる。というかタマンがいた場所、歩いて行けてしまう。

f:id:minemuracoffee:20180507232111p:plain

実際、歩いて行ってみた。足元には青い魚、ウニ、ナマコなどがいた。

f:id:minemuracoffee:20180507233225p:plain

f:id:minemuracoffee:20180507233635p:plain

あとは青い空の下で海を見ながらビールを飲み続けていた。

f:id:minemuracoffee:20180507233756p:plain

古宇利島、いいところでした。