ミネムラ珈琲ブログ

ITラノベ著者/さすらいのコーヒー屋/WEBサービスディレクターの日記

昼、ピザ、ワイン

三連休、さほど有意義に過ごせたなと言う感覚はない。さほど、というかほぼない。

強いて言うならピザを食べた。昼から、ワイン飲みながら。

昼から無意味に酒を飲むということも最近あまり出来ていない。これは車買ったので乗るかもしれんという意識に支配されているのではないか。一方で昼からピザを食うのは、まさに車があると楽しい出来事であって、車があると少々遠くてもテイクアウトを引き取りに行くことができる。

「このあと〇〇するかもしれん」みたいなことはあまり考えずに行きていきたいのでこのことを日記に書いた。

買ってから10年になろうとするKindleがいよいよ限界

買ったものに関しては、すぐに使わなくなるか、異常に長く使うかのどちらかなんだけど、後者の代表例がKindle Paperwhiteだ。

2012年10月26日に予約注文していて、領収書を見ると12月に届いているようだ。それから10年近く経ち、voyageだとかoasisだとかいろいろ出ているが、それらにまったく関心を示さずに2022年になってもこの3Gに接続したpaperwhiteを使っている。

東京に住んでいた頃は通勤のお供という感じでヘビーに使っていた。最近は京都に来て自転車通勤になったりリモートになったりと、機会としては減ったのだが、依然としてほとんどの本はこれで読んできている。

この10年、家についてはPaperwhiteが配送された住所からは6回引っ越しているし、仕事も4回ぐらい変わっている。パソコンも何台も変わっている。スマートフォンもそのころはまだiPhoneを使っていた気がするが、いつからかAndroidを使うようになった。タブレットもそういえば3台目ぐらいのiPadを使っている。Kindle Fireもそういえば持っていたが、使っていなくて黒い板と化している。そんななかでこの Kindle paperwhiteだけが手元で現役であり続けた。ぼくは楽観的に150歳ぐらいまで生きるつもりでいるけど、人生の6%ぐらいをともに過ごしたと言える。IT機器でここまで長く使えるものは今後無いかもしれない。

もちろんノーケアでここまで来たわけではない。2,3年に一度ぐらいはまともに動かなくなって初期化をしている。よくスマートフォンとかが電池や動作でのっぴきならなくなったりするが、kindleはすごいもので初期化すると購入当初こうであっただろうという動作を取り戻す。そんなことを何回かやってここまできた。

が、悲しいもので今年はそれでは乗り切れなくなってっきた。具体的には電源の物理ボタンが反応しなくなってしまった。一度その状態からも切り戻したかのように見えたのだけれども、やはりダメそうだ。

いよいよ致し方なく買い換えようと思って最新モデルを見ている。Oasisの物理ボタンは便利そうだけど、物理ボタンが壊れて最後を迎えたpaperwhiteを前にして、このハイペースで使われる物理ボタンが果たして10年動いてくれるのか、疑いを抱いてしまっている。

休日、髪が緑に、読書、酒

1日休みだった。とりあえず3ヶ月切っていない髪を切りに行く。

「毛先の方、この色(めっちゃ緑)にしていいですか?」と聞かれたので、いつものごとく「好きにしてください」と言ったらこうなった。毛先とは?

髪の毛を染められたり、家に帰った後のぼーっとした時間で小説を読んだ。

キタハラ先生の新刊。

kakuyomu.jp

仕事中、短編だと思ってうっかり読みかけたら6万字あって日和ってたやつ。

夜は久々に飲みに出かけた。

久々に閑散としたZAC BARAN。

店長の趣味っぽい本が置いてあって、めっちゃ趣味が近い。町田康がコメントを書いていて気になっていた『奈良へ』。読んだら衝撃的に面白くてそのまま一気読みしてしまった。あとがきまで全部読んだけど家にも必要だと思うので買う。

メタボ岡崎時代の生活、今思い起こしても、こんな充実したことがあるのかというぐらい良かったなと思う。何事もなく家で過ごしていても、夜になってマンションの地下に行けば酒が飲めるしライブがやっている。そんなことはそうそうない。いまだもって週2ぐらい泊まれないかと思ってしまう。

フルフレックス・フルリモートなら3時のおやつに梨を剥いて食べることができる

リモートワークは甘えという向きもある昨今ですが、これがリモートワークの甘い生活です。

甘えなどということばは雇用者側のことばであって、我々労働者は甘えた仕事ができる環境を声高に要求していかねばならぬのです。肉屋を支持する豚になってはいけない。

AIが生成した肉屋を支持する豚のイメージ

フルリモートフルフレックスの生活にご興味のある人は応募をお待ちしています。

この記事も梨を食べながらお昼に書いています。

hatena.co.jp

申請・書類の提出が苦手すぎる

先日、役所に2枚ほど届け出にいった。

郵送でも良かったのだが、さほど遠くないし、切手代も惜しいと思って直接行った。しかし実際のところ直接行って本当に良かった。

2枚の届けは2つとも正しい記入ができていなかった。2つ合わせても2-3分で終わるような書類だ。

片方は裏にあるチェック項目を見落としていた。これはまだわかる。もう片方はただ単に転記するだけの番号を間違って記載していた。もうどうしようもない。

窓口なので、指摘してもらえて修正することができた。郵送だったら送り返されて再提出だっただろう。

これについてはIT化していないことへの文句とかもはやなくて、とにかくぼくはこういうことが絶望的にできないので、窓口で親切にしてもらえるのに助けられている。

書類を出して申請をするときは、頻繁に再提出をしているような気がする。住宅ローンのときなんか最悪だった。

www.minemura-coffee.com

自分が記入をするものの正しさを一切信用できないし、じゃあよく確認しましょうなんてことで済むわけはなくて、その確認も含めてダメだからこうなっている。

この手のものはもはや役所と銀行ぐらいなので、多少待たされようがなんだろうが、とにかく自分を信じず窓口で提出してその場で確認してもらうようにしようと誓った。

www.minemura-coffee.com

意地

昼間はエアコンがついていない1階のキッチンでホットコーヒーを淹れている。

同じくエアコンなしで飯食った後なので汗だくになる。

昼だけエアコンを付けるのはなんとなくはばかっている。Tシャツを着替えることはある。

住んでいるのに知らない街を歩く

土曜日、車を定期の点検にもっていった。1時間ほど時間をつぶすことになるので、kindleで適当に本を読もうかと思っていたが、風があってさほど暑くないので散歩をすることにした。

とりあえず山のほうへ歩いてみる。

山際ぐらいの道路まで行くと、意外と高さがあって街が見下ろせる感じになる。

ここで突然目覚めたら、自分の家から数キロの場所だとは気づかないと思う。

なんかライオンがいた。個人のミュージアム的な奴っぽい。

小門光男について|小門光男木彫記念館

こういう店、一回行っておきたいなと思って写真を撮った。しかし調べるとGoogleMapでは閉店って書いてある。植物も手入れが行き届いているので閉店に見えない。

いわゆる田んぼって、そういえば暮らしの中で見ていない。

田畑はちょくちょくあった。一方、それらも住宅に変わりゆく雰囲気がある。ここまでの写真だとめちゃくちゃ田舎っぽいけど、京都の中心街に30分あればいける場所だ。

30分ほど歩いて満足したので、車屋の前のパン屋でふらっと食パンを買って戻った。袋をもらうのも気が引けたのでパンをそのまま持って帰っており、車屋でいぶかられたがしかしうまいという評判も得た。自転車できても大した距離でもないし、たまに買いに来てもいい。

そういう感じで散歩して、わりと楽しかった。

京都には合計10年ぐらい住んでいるのだが、なんというか行くところにしか行っていない。大学や職場、家や駅の周辺。どこまでを京都と呼ぶかみたいな論争があるが、あれが発生するのは道の境界が分かりやすいからだと思う。ぼくの場合でいえば、白川通よりも東ってほとんど歩いたことがない。高野周辺とかだって、大通り以外はさっぱり通らない。そういうところにふらっと分け入ると、もはや旅行中のような感覚になる。旅行と違っていいのは、継続的にいつでもこられること。よさそうな店があれば、入って通えてしまう。これはけっこう悪くない。

こういう感じで京都を開拓していくのは悪くなさそうだ。実際のところぼくの勝手知ってる京都なんてものは、京大周辺、丸太町通り、西院から太秦、あとは街中ぐらいだ。実際のところごく狭い領域をちょろちょろしているなと思う。

次は北山通あたりよりも北をうろうろしてみるとよさそうだ