ミネムラ珈琲ブログ

ITラノベ著者/さすらいのコーヒー屋/WEBサービスディレクターの日記

楽天モバイルで非対応機種のPixel3使っててSMSが届かない時がある問題を回避する方法

今、携帯の回線は楽天モバイルにしている。なぜなら最近の生活上、コロナ以前からたいていwi-fi環境下で暮らしていて、ほとんど通信料を使っておらず、それならば0円で生きていたかったから。

www.minemura-coffee.com

特に困っていないつもりでいたけど、時々認証関連のSMSが届かない時があった。具体的にはfoodpandaを使おうとしたときにダメで、翌朝会社に行ったら唐突にそれが届いたりした。

まぁ別にいいかぐらいに思っていたけど、今日になってそれに致命的に思える事案があったので、調べた。

yuki.world

どうやらパートナー回線下だと、非対応機種でSMSが届かない時があるらしい。一部の認証を除けば届いているので、届かない、ではないのが謎ではある。

network.mobile.rakuten.co.jp

調べてみると、一応うちは楽天回線のエリアに入っている。しかし、端末で確認するとパートナー回線になっている。

news.mynavi.jp

調べてみると、回線が自動選択になっていると、通信強度などの判断で、パートナー回線につながるようだった。

回線の自動選択をオフにして切り替え操作の画面を見た。これじゃあ確かにパートナーに繋がるよな、、、という感触。

f:id:minemuracoffee:20211006193655p:plain

手動で回線を切り替えると、たしかにSMSが届いた。

久々に出社して、死んだ街を見る

昨日は久々に会社に出社した。強い理由はないが、集中して作業したかったので。

そこそこに残業して帰って、以前出会ったら帰りにいっぱい飲んでいたような通りに差し掛かる。時間はいわゆるいい時間で、ぼくのように仕事が遅くなったものが飯がてら酒を飲みに入ったり、1件目を終えてふらふらと2件目にいくような時間。

当然ながら店は開いておらず、暗い通りに人通りもない。こういう光景を見ると虚しくなる。

翌朝、一日中マスクをしていたせいか、顎関節症が悪化してうめいていた。

ワクチン2回目打ったら副反応の最中、アフガニスタン在留邦人の夢を見た

先週水曜日、ようやくワクチンの2回目を打つことができた。京都市はなんだかあの病院で打てるらしい、あそこの大学で近隣住民も打てるらしい、みたいな情報戦の世界に陥っているが、運よく会社で職域接種が手配されて打つことができた。

これも最初の案内は7月だったものが、京都市が7月中は高齢者のみと制限を出したりした余波を喰らって今の時期になった。とはいえ職域があっただけ幸運だなとは思う。

ちなみに夫婦で打つことができたのだけど、副反応で辛くなると子供の世話が壊滅する可能性があったので、大阪の母を呼んでおいた。母は近くのホテルに滞在。

当日はせいぜい腕が痛いぐらい。

翌朝、ただ妻はダウン、風邪を併発している感じ。ぼくは腕の痛みと微熱とだるさぐらいだが、5時半に起きる0歳児の世話のワンオペをやるのは辛くて、母にアラートを出す。解熱剤は飲んでおいた。

保育園に送るのをやってきた母に託して、仕事は遅れるつもりで二度寝

昼からは普通に家で仕事をしていたが、夕方にかけてだんだん頭痛がひどくなってくる。17時ぐらいには完全にダメになってきて、熱を測るとそれなりに高い熱がある。いつの間に。早退してそのまま寝る。寝ていると何故かアフガニスタン在留邦人の夢を見た。だんだんと募っていく不安。食料や日用品の在庫を心配する。直接的な命の危険には至らないが、1日1日と自由が奪われる気配を感じていく。なぜそんな夢を見たのかわからない。特別強い関心があるわけでもない。ベースになるニュースとかもないので、純粋に夢。

2日後、自分はかなり回復したが、妻はまだ。母には朝早くに来てもらう。保育園に送ろうと思って子供の熱を測ると、熱がある。通い始めたばかりなので、なんらかもらってきたのだろう。保育園の代わりに病院に連れていき、粉薬と座薬をもらう。

保育園には連れて行けないので、家で見ることになる。母が来ているので万事OKかというと、そういうことはない。子供はぼくや妻が周囲にいれば母と遊ぶ程度にしか慣れていない。子供は熱と鼻水が出ている以外は元気に暴れている。

仕方がないので、子供のいるスペースでちゃぶ台を置いて仕事をする。当然子供が机に寄りかかってPCを触ろうとしたりぐずったりするので、適宜世話をしながら会議とか1on1とかをする。端的に言ってめちゃくちゃではあるけど、マネージャーなので口が動けば仕事の半分ぐらいはできるのでよかった。

f:id:minemuracoffee:20210829165453p:plain

ちょうど会社でインターンをやっていて、うちのチームでも受け入れているので、子育て世代の過酷さを見せることができたと思う。

hatenacorp.jp

家に閉じこもっていると調子が悪い

このところあんまり元気ないな。今週派手に体調を崩す以前からしてそう思っていた。

先月までの方がなんというかもっと精力的に働けた気がする。先を見越して夕食後にも働けたし、本を読んだりもできていた。ここ1ヶ月はサッパリだ。

なんでだろうと考えていたが、結局のところぼくは外出自粛ってやつに全然適合できていない。思い返すと、昨年の春頃は最悪だった。

www.minemura-coffee.com

その後持ち直したかというと、表面的には持ち直していたけど、実際にはいろんな要因でごまかされてきているだけだった。

5月頃からは『転生したらスプレッドシートだった件』の発売があったので、しばらく忙しくてごまかせた。

11月から今年の3月は育休を取って全くこれまでと違う生活をしていたので誤魔化せた。

4月以降は、子供がいて家で仕事が難しくなったので会社に出社していて調子が良かった。

ここ1ヶ月は、デルタ株が怖くて、子供がいてもさすがにやってられんと家で仕事をしている。そうするとどんどん調子が悪くなってきた。

ワクチン接種を終えてしばらくしたら、出社する暮らしに戻そうと思う。

リモートワークが嫌いなわけじゃないし、むしろ働きやすいと思っている。ただ、外に飲みにもいけない生活で、会社に出かけるのは貴重な気晴らしになっている。

胃腸風邪の記録

一昨日の夜ぐらいからなんとなく調子の悪さはあったものの、昨日朝起きたら変な汗がダラダラと出てくる。お腹が痛いけど、トイレにいっても何も出ない。食欲は皆無。概ね1日寝て過ごす。

夜になって流石に何か食べるかと思ってレトルトのお粥を温める。食べるのに1時間かかった。少しだけ気分がマシになってきたので少しだけ家事を片付けてから寝る。

朝、停止していた胃腸がちょっと動き出した感じがある。めちゃくちゃ下痢しているが、腹の張った感じが治って楽になってきた。下痢に救われていく感覚。

午後ぐらいには腹痛と下痢を除くと落ち着いてきて、頭も働く感じになってきた。強気の姿勢でドラッグストアに行き、ポカリと即席のリゾットとかスープスパを買い込む。お粥じゃないところが強気。

ワクチンを左腕に打つべきではなかった

今日、ワクチンを打ってもらった。利き手は右なので、言われるがままに左肩に打った。1回目なのでひどい副反応とかは出ていないが、打った左肩は筋肉痛が出ている。これに困っている。

こういった注射は困り度合いを下げるために利き手と逆の腕に打つものなのだというのは了解しているのだが、実際筋肉痛になってみると右腕に打って貰えばよかったと思っている。

ぼくは特に矯正とかしたわけでもなく、生まれてこの方ずっと右利きだ。なので右手でしか字を書いたりはできないし、飯も食えない。なので右手が全く使えないと当然困る。

困るので、ぼくは右手を温存するように生きている。スマートフォン、というか携帯電話はぼくが物心付き、多少はものを考えられるようになってきた中学生の頃、人生に入ってきたアイテムなので、左手で扱う癖を付けてきた。

これは実際負荷を分散できて便利だ。その頃は学生なので普通に毎日たくさん字を書いていた。めちゃくちゃ汚くてバカにされ、呆れられ、諦められてはいたがとはいえ字を書いていた。

行儀が悪いけど、スマホをいじりながら飯を食ったりとかもできるし。現実的にはメモとかも取りやすい。

ちなみに右手でスマホを使えないかというと全くそんなことはなくて、不自由ない。しかしスマホを使おうとしたときに、まず左手で掴むようになっている。

この右手の負荷を減らすという思想は生活全般に染み付いていて、例えば最近は家に乳児がいるけど、これを抱えるのも左腕になる。この状態で筋肉痛なのは堪える。

その思想と癖自体は悪くないはずなんだけど、よくよく考えると右手大して仕事してない。字を書くなんてほんのちょっとのことでほとんどはパソコンに向かっている。実質食事のみ。

ワクチンを左腕に打つべきではなかった。