飲みに行く店

飲みに行く店というのがある。会社の飲み会で使う店、デートで使う店、一人でいる店、用途が様々ある。

 

誰と行くかで場合分けされることは多いが、酒呑みとしては一人で飲む場合であっても、気分によって異なる。そこに行けば顔見知りが常にいるようなところかどうか、店主とは会話をする雰囲気か、飯が食えるか、味はどういう種類か、酒は何が多いか。悩みは尽きない。

 

今日は一人で静かに、とはいえ無言というわけではなく、知り合いはいないぐらいのところで飲みかったので、それらしいコースを行脚して飲み食い、そして飲んだ。こういう生活でよかった。