紛失疑惑

出張、飲んだ帰りにスマホの電池が切れて、ホテルの名前を唱えながら交番で場所を訪ねて無事たどり着いた。

シャワーを浴びて着替えたところで力尽きたようだった。

朝起きて、頭痛がおさまるくらいまで二度寝。髪の毛を乾かさなかったようで壮絶な寝癖があったので諦めてシャワーを浴びた。

ベッドの端に放られていた下着を回収したら、ベッド脇にTシャツが落ちていた。投げ捨てたのだろうか。

着替えをして気づく。昨日履いていたズボンがない。ベッドの下を覗き込んだりするがない。冷蔵庫?違う。

そんなものこの小さな空間で失くさないだろ。そう思って眺めて、窓に目が行く。

投げ捨てた?

いや、まさかまさか。うーんうーん、と唸って玄関に行くとハンガーに丁寧に昨日のズボンがかけてあった。

もう少し僕は僕のことを信用していいと思う。