ミネムラ珈琲ブログ

ITラノベ著者/さすらいのコーヒー屋/WEBサービスディレクターの日記

『マネージャーの問題地図』問題を感じる前にマネージャーの教科書として読みたかった

WEBサービスのディレクターをやっているけど、分解するなら、プレイヤーとしてのディレクション/企画とマネジメントをやっている。

マネージャー本はこういう仕事を始める前や始めてからちまちま読んだけど、だいたい部下の仕事との向き合いにフォーカスしているか、マネジメントとはどうにかすることだからとにかくどうにかすればええんや!みたいな自己啓発になっているかどちらかという感じの印象だった。

その中で言うと、タイトルからはかなり意外だが、『マネージャーの問題地図』は理想的なマネジメントの仕事の教科書だと思った。この仕事を始める前に読みたかった。

マネジメントとしてやるべき仕事がきれいに分解されているし、そのそれぞれにどう取り組めばいいかが書いてある。あくまでマネジメントとして抽象化された内容がかいてあるので、営業部長でも開発ディレクターでも共通する部分がある感じ。

その上で、これらのことを全部自分でやる必要はなく、チームや外の力に頼ってやればよい、という形で書かれている。

ちょうど自分の業務とロールを棚卸ししないとなと思っていたので、この本をみながら自分の仕事をScrapboxに棚卸ししたりしていた。

マネージャーとして問題を感じている人はもちろん、これからマネージャーはじめる人には問題を感じる前に読むとハッピーな本。