ミネムラ珈琲ブログ

ITラノベ著者/さすらいのコーヒー屋/WEBサービスディレクターの日記

ワクチンを左腕に打つべきではなかった

今日、ワクチンを打ってもらった。利き手は右なので、言われるがままに左肩に打った。1回目なのでひどい副反応とかは出ていないが、打った左肩は筋肉痛が出ている。これに困っている。

こういった注射は困り度合いを下げるために利き手と逆の腕に打つものなのだというのは了解しているのだが、実際筋肉痛になってみると右腕に打って貰えばよかったと思っている。

ぼくは特に矯正とかしたわけでもなく、生まれてこの方ずっと右利きだ。なので右手でしか字を書いたりはできないし、飯も食えない。なので右手が全く使えないと当然困る。

困るので、ぼくは右手を温存するように生きている。スマートフォン、というか携帯電話はぼくが物心付き、多少はものを考えられるようになってきた中学生の頃、人生に入ってきたアイテムなので、左手で扱う癖を付けてきた。

これは実際負荷を分散できて便利だ。その頃は学生なので普通に毎日たくさん字を書いていた。めちゃくちゃ汚くてバカにされ、呆れられ、諦められてはいたがとはいえ字を書いていた。

行儀が悪いけど、スマホをいじりながら飯を食ったりとかもできるし。現実的にはメモとかも取りやすい。

ちなみに右手でスマホを使えないかというと全くそんなことはなくて、不自由ない。しかしスマホを使おうとしたときに、まず左手で掴むようになっている。

この右手の負荷を減らすという思想は生活全般に染み付いていて、例えば最近は家に乳児がいるけど、これを抱えるのも左腕になる。この状態で筋肉痛なのは堪える。

その思想と癖自体は悪くないはずなんだけど、よくよく考えると右手大して仕事してない。字を書くなんてほんのちょっとのことでほとんどはパソコンに向かっている。実質食事のみ。

ワクチンを左腕に打つべきではなかった。