温かい世界

月曜日、僕はよく飲みに行く。古い友人のYの休みが火曜に休みだからということもある。

店について、Yを呼び出すと曰く「給料日までカネがないのだ」と。仕方がないので言った。「一杯なら奢る」

Yはここ半年で一番の笑顔で現れた。カウンターの面々に朗らかに宣言する「さあ!奢ってください!楽しませます!」

ワンドリンクはバーの規則だと思っていたが、これは金を払えと言うことではなくて、飲めということらしい。Yはこの日はついぞ伝票をつけられることがなかった。そういうやつを僕はこの店ではじめて見た。

Yは僕だけでなく周りから酒を奢られながら、店からも賄いのナポリタンを施されていた。

Yからは代わりとして本をもらった。

f:id:minemuracoffee:20171024220042j:plain

こんないいものをもらっては、引っ込みがつかない。うっかり数人でマグナムボトルをあけた。

そうこうしていると常連の1人が久々に現れた。劇団の巡業から帰ってきたというのだが、家は引き払ってしまっているらしい。「帰ってくる」という言葉の定義に僕は混乱した。夜中の12時を過ぎている。

僕らはもう一本マグナムボトルを空けた。月曜日に酒をのむのは本当に楽しい。

全ての聖夜の鎖

全ての聖夜の鎖