ミネムラ珈琲ブログ

さすらいのコーヒー屋/Spreadsheets小説家/WEBサービスディレクターの日記

私服OKのIT企業でそこそこにちゃんとした格好をする方法

昨日、ランチのときに、ミネムラさんくらいのちゃんとした感じの格好をしたいというありがたい話を同僚からしてもらったので、参考情報をまとめておく。

前提として対象は以下です。

  • 職場はオフィスカジュアルではなくて完全私服OK。
  • 自転車通勤とかがある。
  • 普通に高くないスーツ着ている人と差がない程度にはカネを使う。

シャツ

オーダーしましょう。オーダースーツの店は敷居が高いし、スーツは着ないのでお呼びじゃない感じ。シャツ専門店だと気楽。店によるけど1枚4-6000円前後でいけるはずです。

この際形状記憶の布を選択するようにしてください。アイロンがけは面倒。形状記憶なら洗濯後に干すときに伸ばしておけばほとんどシワはでません。

色、柄はお好みでよいのですが、無地の白から私服っぽい柄とか、幅をもたせておいたほうが飽きがこないです。

ディテールは好みで良いと思いますが、胸ポケットはボールペンをどうしても刺したい人以外はつけないほうが良いと思います。襟についてはネクタイをしない前提をお店の人に伝えつつ、お好みで選ぶといいと思います。僕はボタンダウン派です。

ボタンがオプション価格で質のいいものに変えれるなら、数百円のことなのでケチらず払いましょう。ボタン重要。色は布の色にあわせて店の人におまかせするのがいいです。

はじめは2,3枚作ってみて、気に入ったら追加で買いましょう。5着あると平日乗り切れます。実際の所職場が私服だと、平日と休日の服装に差がなくなるので、7着ぐらいあってもいい。

ズボン

僕はひたすらハリウッドランチマーケットの定番のスラックスを履き続けています。

www.hrm-eshop.com

履き続けているというのは嘘ではなくて、3本ほどもっているけど、一番古いものは大学時代から履いている。さすがにキレイかと言うとそうではない。ただ、裾がほつれてしまってさすがにもうダメだなとなったとき、お店でその話をすると、無料で裾を少し短くしてくれた。ハリウッドランチマーケットのいいところはここで、値段は安くないけどリペアのサービスも含めるとかなり長く使えてコスパがいい。

あと、ストレッチも聞いていて、動きやすいのもいいです。自転車通勤でも全然苦じゃない、というか気にしたことがない。

京都だとこちらにあります。

BLUE BLUE KYOTO ブルーブルーキョウト

スーツに合わすような革靴はだるい。手入れもめんどくさいし、自転車とか乗るのも嫌。あと高い。それから上記のシャツとズボンからすると黒の革靴は少々カチッとしすぎている。

オススメはレザースニーカー。革靴買うより安いし、自転車とかも気を使わないし、歩きやすい。個人的にはクラークスが気楽。色やデザインもむちゃくちゃやらない範囲で好きにしたらいいと思います。

あとは冬場はブーツ、夏はサンダルとかでもいいです。そこそこにちゃんと、という程度なので、あまり気張らないのがいい。

上着

気にしなくていいです。職場についたら脱ぎましょう。寒かったら会社とかイベントのパーカーでも置きっぱなしにしておいて羽織りましょう。

まとめと金額

1週間それなりに困らないことを想定すると、下記ぐらいの金額がかかります。少し高めには見積もってます

  • シャツ:5,000 × 5 = 25,000
  • ズボン:16,000 × 3 = 48,000
  • 靴:20,000 × 3 = 60,000
  • 計:133,000

こうしてみるとそこそこ高いのですが、スーツと革靴、シャツ等をそこそこに買うよりは安いはず。

あとはいきなりまる一週間分は不要なので、シャツ2枚とズボン、靴1つずつからはじめましょう。。気に入ったら増やしましょう。気に入らなければ撤退しましょう。

以上です。