ミネムラ珈琲ブログ

ITラノベ著者/さすらいのコーヒー屋/WEBサービスディレクターの日記

池袋ジュンク堂での『転生したらスプレッドシートだった件』の先行発売に感極まっている

転スプ、来週22日発売だったが、都内の大型書店で続々と先行発売が始まってびっくりしている。

どの書店さんに対しても大変ありがたく思っていて、個別の書店さんに言及するのはちょっと気がひけるのですが、やはり表題のことは個人の想いとしてブログに残しておきたい。

大学を卒業して東京に行き、最初に住んだ街は雑司が谷だった。当時比較的新しかった副都心線はキレイで便利なのに空いていて最高だったし、鬼子母神を中心にゆるい雰囲気があった。歩いて池袋に行けるの良い。

雑司が谷からしばらく歩いてたどり着く南池袋は居心地の良い店も多いし、なによりジュンク堂池袋店があった。技術書コーナー、社会・経済関連、マンガ、毎度いくといろんなフロアを見て回る。なにもしなくても楽しかったし、結局なんだかんだ楽しくなって何冊も買ってしまう。間違いなくこれまでの人生で一番本を買ったリアル書店だ。Amazonのほうが買っているとは思うけど、やはり思わぬ出会いのある大型リアル書店というのはいいものだなと思う。ジュンク堂池袋店がなかったら、ぼくの人生は今とは違っていると思うし、こうやって本を書くようなこともなかっただろう。

そのジュンク堂池袋店にぼくが書いた本がこういった形で並んでいる、ということがとてもうれしい。

皆さん、もしよければ今週から上記書店で先行発売しておりますので、足を運んで見てもらえると幸いです。

f:id:minemuracoffee:20200616205004p:plain