ミネムラ珈琲ブログ

ITラノベ著者/さすらいのコーヒー屋/WEBサービスディレクターの日記

純度100%の休みが欲しかったので、後先考えずに2日とったら復活した

ここから取る前に「純度100%の休みが欲しい」ってタイトルで休む前に下書きに書いてたやつ

「休みたい」最近毎日そう思っている。「仕事に行きたくない」という意味合いではなくて、純粋にリフレッシュのために休みたい。

仕事が佳境だったということはもちろんあるのだけれども、ここ3ヶ月はコロナによる保育園の休園などがあって、生活がめちゃくちゃになってしまった。

仕事が佳境なタイミングで保育園が休みになったりしていて、どうするかというと妻と交互に休みをとる。土日に実家の母に来てもらって、その間仕事をする。稼働日数的にはなんとか不足なくいけるものの、子どもが階下にいると普段どおりに働くのは難しい。結果残業が増えたりするし、どうしようもなくなって土日にしわ寄せがいったりもする。

結果、2月中旬に仕事が一段落ついた際に、振替休日がいくらか発生していた。しかしそのあとも休まらなかった。

なんやかんややることがあって休暇予定の日に仕事をしてしまったり(これは完全に自分が悪い)、休もうと思っていた日の付近に3回目のワクチン接種が発生して、副反応を加味すると休むとまずいことが発覚したりしていた。その翌日副反応で寝ていた日はほぼ寝て休めたと言えば休めたが、うれしくはなかった。

その後も保育園の休園おかわりが発生して、名目上の休暇が消費されるがまったく気分は休まらないし、予定していたはずの休みは飲み込まれて消えてしまった。ぼくは育児日記とか書いている割に基本的に子どもというもの一般が好きではないので、仕事をしているよりもよほど疲れてしまう。

そういうことが積み上がってもうダメだ。とにかく休むぞ!と思って鉄の意志で今週の木金を休みにした。やることは何も考えていない。自分だけのための純度100%の休みを過ごしたい。

ここから休んだ後に書いている

これを下書きに書いた時点で、もうあかんやつやと思ったので後先考えずに(いや、致命的なものは避けているので考えてるんだけど)、先週の木-金休みをとった。

木曜日は、釣りにでもいくかとか考えていたんだけど、前日に飲みすぎてしまってそれどころではないところからスタートした。なんとか保育園に送ることだけ頑張って二度寝した。仕事も育児もないので気兼ねなく寝れるのは最高。これが本物の休み。午後も本読んだり昼寝したりしてたと思う。忘れた。

夕方になってさすがに暇になってきた。暇ってすごい。暇なので保育園の迎えを申し出つつ、料理でもするかという気にもなったので買い物をしたりした。

突然唐揚げを作ったりした。りゅうじのバズレシピの至高の唐揚げです。あと同じくバズレシピの無限みょうが。これは年末からちょいちょい作っている。傾向として、調味料以外にの食材が極端に少ない料理が好き。

www.youtube.com

あと、買い物ついでにカナート洛北で先日まともに履けるのが2枚になっていて危なかったパンツを買い足したりした。2010年前後から京都にいる老害なので洛北阪急スクエアのことはいつまでもカナートって呼んでる。

金曜日は、妻も午後休をとっていたので、のんびりランチをした。

窯焼きの店だったので、この肉に至るまでにかなり長い時間があって、その間ダラダラとワインを飲んでいた。夜はゲームとかしてた気がする。

なお土日に両日ピザを食ったのもよかった。妻は2日連続はさすがにって感じだけど、妻が日曜日でかけたのを良いことに、2日連続食ってやった。

そのような感じで完全にリフレッシュできた。やる気が復活したとかモチベーションが上がったというのはなんとなく言語感覚として違う。やる気とかモチベーションみたいなものはもっと根底にあるものなので、そもそも休んでないとか休んだとかで変わる感じはなくて、なんというか朝「うおお!やるぞ!!」みたいな気力があるかどうか、ウオオ感みたいなものが復活したというのがぼくの言語感覚的には正しい。