ミネムラ珈琲ブログ

ITラノベ著者/さすらいのコーヒー屋/WEBサービスディレクターの日記

PlayStationは映画の新しい形っぽい『Detroit: Became Human』

連休にずっとやってた。近未来、アンドロイド産業の中心地で栄え、一方アンドロイドに追われて失業者であふれる街。


『Detroit: Become Human』 ローンチトレーラー

面白かった、映画として。

ストーリー重視のゲームとかじゃなくて完全にゲーム要素がおまけ。情報集めた推理っぽいのが若干、会話でストーリーが枝分かれする程度。アクションシーンもせいぜいテンポよくボタン押すだけ。一方ストーリーは絶対、ストーリームービーのスキップなんて操作なんて許可されない。

エンドロール見ると合点がいく。開発チームじゃなくてまず俳優の名前がゆっくりと流れる。

そういう感じだけど面白かった。3人の主人公の会話の積み重ねや要素を発見できるかで、ストーリーは後半になるほど大きく分岐していく。

これは結局の所自分好みのセリフ、自分好みの展開の映画が見れる、ということになる。自分でキャラごとにぶれない選択をやっておけば、期待を裏切られることはない。

そういう心地よい物語ばっかりの世の中でいいのかというとそうではないと思うけど、こういうのが新しい映画のスタンダードになっていく可能性は結構あるのかも知れない。

【PS4】Detroit: Become Human

【PS4】Detroit: Become Human

  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: Video Game